ダイエット

ぽっこりお腹は筋トレで解消できるのか?

投稿日:

最近、ベルトに乗ったお腹が気になり始めていませんか?
30歳前後からお腹がポッコリする男性が増えてきます。

社会人になり飲酒する機会が増えた人は要注意です。
ポッコリしたお腹を見て見ぬフリをしていると、どんどん大きくなります。
お腹が出ると、洋服をスマートに着こなせず女性にはモテないですよね。

しかし、お腹だけ痩せようとしてもなかなかダイエットできません。
原因は何でしょう?

ポッコリお腹の原因をみてみましょう。。

 

 

内蔵脂肪と皮下脂肪

脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に分かれます。

内臓脂肪は男性に多く脂肪が付きやすく、落としやすい脂肪になります。

皮下脂肪は女性に多く付きにくく落としにくいという特徴があります。

内臓脂肪は指で摘まめない脂肪で、皮下脂肪は摘まめます。

 

 

筋トレを行い代謝を上げることが大切

お腹だけ痩せようとしても、体全体の体脂肪率を下げないとお腹だけ部分的に痩せることは出来ません。

部分痩せはできないので、

まずは大きな筋肉(胸・背・脚)を鍛えて筋肉を付けて代謝を上げ、有酸素運動などのトレーニングをして体脂肪を減らす必要があります。

腕立て伏せ・懸垂・スクワットなどで(胸・背・脚)を鍛え、ウォーキングやジョギング、ステッパーや踏み台昇降などの有酸素運動をする。

腹筋などの筋トレでも脂肪は燃焼しますが、お腹周りの脂肪がピンポイントで燃焼するわけではありません。

足や腕などについた脂肪も含まれますし、なにより腹筋運動ではそもそもの消費カロリーが低いので効率がわるくなります。

 

 

筋トレと有酸素運動だけでいいの?

ここで大事なのは、筋トレも有酸素運動もバランス良くすることが大切です。

筋トレで筋肉をつけると代謝が上がり、リバウンドをしにくくなります。
体も引き締まり、ボディラインがキレイに保てます。

有酸素運動が脂肪燃焼には一番効きます。筋トレ後の代謝が上がった状態でさらに効率UPを目指しましょう!

そして、さらに脂肪を減らすために食事改善をすることも大切になります。

だからといって食事を急に減らしたりすると、本来必要な栄養素が不足してしまいます。食事メニューは、急に変えずに少しづつ行い無理をしないことです。

この3つをバランス良く行うことが、ポッコリお腹を効率良く細くするために大事なことです。

 

 

まとめ

筋トレで代謝を上げる。

有酸素運動で脂肪燃焼し体脂肪を減らす。

食事内容に気を付け腹八分目を意識する。

摂取カロリー<消費カロリー

これらのことを意識してポッコリお腹をスリムにしましょう!

-ダイエット

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.